2020年7月11日 液性・塩素濃度報告

【工場長のつぶやき】

イベントの開催制限も緩和され、コンサートやプロスポーツなどの参加者・観客数は上限が5000人に拡大された。
イベントの制限を緩和した理由について、医療提供体制に余裕があることを挙げた。
新規感染者が連続で200人を超えている状況でイベント制限を緩和するなんて。この状況が続けばあっという間に医療崩壊が起きると思います。経済も動かさないといけない、コロナも抑えないといけない難しい問題です。


 

バリアステーションでは、「これからは、空間除菌の時代です!」をコンセプトに、安心・安全な生活空間づくりを推進しています。

みなさまの、安心・安全な生活空間を守るため、弊社が取り扱う、弱酸性次亜塩素酸水溶液 BARRIER HClO pH6 200ppm の液性(pH値)・塩素濃度(ppm)の「見える化」を実施しています。
※毎週水曜日は定休日とさせていただきます。

 

pH値測定画像の報告
※80リットル以上の水を使用しpH値を安定化させています。

 

塩素濃度測定画像の報告
※200リットル毎に塩素濃度を測定し管理しています。

 

ご理解賜りますよう、何卒よろしくおねがいします。

 

バリアステーション
統括責任者:植田 友也