バリアーワンが一緒に考えて、回答させていただきます。

Q. 「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」は同じものですか?
A. 違うものです。
「次亜塩素酸ナトリウム」は、塩素系漂白剤などの主成分として用いられるアルカリ性の物質で、従来から新型コロナウイルスの消毒に使われています。「次亜塩素酸水」は、電気分解などの手法で作られる酸性の液体で、新型コロナウイルスへの有効性については、現在検証中です。
Q. 「次亜塩素酸水」は、新型コロナウイルスに効果がないのですか?
A. 「次亜塩素酸水」の新型コロナウイルスに対する効果については、検証試験が継続中であり、まだ結論は出ていません。
現在、効果の検証作業を、関係機関の協力を得て進めているところです。塩素濃度や酸性度(pH)等の条件によって効果が変化しうるため、評価にあたっては、様々な条件での検証を行う必要があります。
今までのところ、新型コロナウイルスに対して一定の効果を示すデータも出ていますが※、2020年5月29日現在、全体として有効性評価を行う上で十分なデータが集まっていないことから、委員会において、引き続き検証試験を実施することとされました。今後、早期に結論を得ることを目標に、検証作業を続けてまいります。
※塩素濃度49ppm(pH5.0)で、20秒で感染力を1000分の1まで減少させた例がありました。
Q. 「次亜塩素酸水」の空間噴霧は行ってもよいのですか?
A. 今回の有効性評価は、アルコール消毒液の代替となる身の回りの物品の消毒方法の評価が目的であり、空間噴霧は評価対象となっておりません。
なお、「次亜塩素酸水」を消毒目的で有人空間に噴霧することは、その有効性、安全性ともに、メーカー等が工夫して評価を行っていますが、確立された評価方法は定まっていないと承知しています。メーカーが提供する情報、経済産業省サイトの「ファクトシート」などをよく吟味いただき十分に検討を行っていただいた上で、判断をお願いします。

※ここまでの項目は経産省・NITEの発表に基づいて掲載しております。


Q. BARRIER HClOとは何ですか?
A. 「バリアーエイチシーエルオー(商標出願中)」は次亜塩素酸で身を守るという意味の商品名です。弱酸性次亜塩素酸水溶液で構成されています。HClO(HOCl)/次亜塩素酸は、我々の体内にも存在し、感染症や外傷後の炎症や細菌と戦うために白血球の中の好中球と呼ばれる細胞が感染部位に集まり、次亜塩素酸を合成し、細菌を貪食、殺菌します。
Q. 「バリアーエイチシーエルオー」で新型コロナウイルスは死滅できますか?
A. 「バリアーエイチシーエルオー」を構成する弱酸性次亜塩素酸水溶液がインフルエンザウイルスやノロウイルスなど既知の危険な細菌やウイルスに効果があるということは周知されておりますが、新型コロナウイルス対策として消毒に活用することについては、現時点では評価中です。
Q. バリアーエイチシーエルオーの使用頻度は?
A. 毎日ご利用いただけます。ウイルスや菌は、季節を問わず流行の兆しがあるので、日々の対策が大切です。
Q. バリアーエイチシーエルオーに毒性はありますか?
A. 弱酸性次亜塩素酸水溶液は、ウイルスや菌に反応すると水にもどります。
Q. どんなところで使えますか?
A. ほほ、すべての生活空間でご利用いただけます。携帯充電式の超音波加湿器に充填すれば移動先でも車内や飲食店の卓上でも空間除菌によるウイルス対策が可能です。
用途別希釈率を参考にして下さい。
Q. スプレーボトルで使えますか?
A. 弱酸性次亜塩素酸水溶液には遮光性ボトルをご利用下さい。
遮光性ボトルのおすすめは、商品一覧をご覧下さい。
Q. バリアーエイチシーエルオーの保存方法は?
A. 弱酸性次亜塩素酸水溶液は光に弱いため、ダンボールや遮光性ボトルを使い、高温、直射日光、凍結を避けて保管して下さい。
Q. バリアーエイチシーエルオーの使用期限はありますか?
A. 製造から約2ヶ月(開封時)・約6ヶ月(未開封時)を目安に使い切ることをおすすめします。製造年月日は、ステッカーやラベルに印字またはスタンプされております。
Q. 除菌・消臭効果について教えて下さい。
A. バリアーエイチシーエルオーはニオイを発生する菌や食中毒の原因になる菌に反応して除菌・消臭する効果が認められています。
※第三者検証機関の資料をご覧ください。
Q. 次亜塩素酸ナトリウムとの違いを教えてください。
A. バリアーエイチシーエルオーは弱酸性の次亜塩素酸水溶液です。商品名に組成式HClOを冠しています。次亜塩素酸ナトリウムNaClOは強アルカリ性で、塩素ガスを発生し危険なため空間除菌にはご使用いただけません。
Q. 手や肌に付着しても大丈夫ですか?
A. バリアーエイチシーエルオーは人体に影響の少ない次亜塩素酸濃度200ppmで生成されています。お肌に付着しても問題なく、手袋なしでご利用いただけます。
Q. 口や目に入った場合の対処法はありますか?
A. 安全性は試験により確認されておりますが、念の為、水で洗い流して下さい。気分が悪くなった場合は医師にご相談ください。
Q. 金属に使えますか?
A. ご使用いただけますが、鉄や銅は錆が発生するため、乾いた布などで乾拭きしてください。

次亜塩素酸水溶液 商品特長

「バリアーエイチシーエルオー」とは?

人体に優しい次亜塩素酸水溶液です

ウイルス対策・空間除菌

居住空間を空間除菌し安心清潔空間に

BARRIER HClOの安全性について

次亜塩素酸水溶液で安心・安全生活宣言